マッサージ中毒からの開放♬長年のお仕事で頑張ったおカラダに感謝の気持ちを♪

―ランニング雑誌を読んでいたら、3つのいいことが♪その3―


「運動生理」としての夏の運動とは? 暑熱環境下(夏場の暑い環境)では、バテちゃって運動がしたくなくなりますね。 しかし、夏場の少ない運動量でも「暑熱環境下」であれば十分効果があります。   何故なら? *暑熱環境における身体対応力で心臓のポンプ機能がパワーアップするそうです。 よって少ない酵素で強い出力を生む「エコ心臓」が作られる。 sinzou *暑熱環境下での運動がトリガーになり、アルブミンが増加。 血液量が増え、乳酸除去機能がパワーアップ、疲れにくいカラダになります。 58282dac0a785cd6aa37b880636758c7b2eec880.55.1.12.2   熱中症には気をつけて下さい♪

投稿者:ハッシー