マッサージ中毒からの開放♬長年のお仕事で頑張ったおカラダに感謝の気持ちを♪

―冷え対策には「汗」がいいです♬ 汗をかくことを躊躇しないで♪―


nabe_s         《冷え対策の3つの方策》  
1、熱を作るのが苦手な人 → 食べ物や飲み物に気を使う(量の調節も)  

2、熱を巡らせるのが苦手な人 → 動くことの意識。(激しい運動ではなくとも。通勤途中の階段 程度の運動くらいでも)  

3、熱を留めておくのが苦手な人 → ヨガなどで緊張やストレスで硬くなった筋肉を緩める。瞑想などのゆっくりとした呼吸をする。  
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
ここのところの寒さで汗をかくというのは、夏よりは難しいものではあります。 ②番の熱をめぐらせるのが苦手な人は運動習慣が少なく、汗をかくことが無いと推測できます。  
 
汗には生体恒常性(ホメオスタシス)の循環の末端をになっている動作であります。 筋肉が動き血流が良くなる。汗は筋肉が動いて体温が上がった時、皮膚から熱を蒸発させ 体温を下げるために出るものです。 その循環ができることに爽快感や気持ち良さを感じます。  
family2_soft (2)  
 
 
ですので、汗をかくことを躊躇しないでください!  
 
【汗を介在した運動の一連の流れ】 カラダを動かす  筋肉に動きが促される  心拍数が高まる  血流が盛んになる  皮膚体温が上がる  汗が出る  回数が増え、より筋肉を動かす  交感神経、優位。内臓が興奮  血管が締まり、血流が緩やかに  瞑想などの落ち着ける姿勢  体温が下がり始める  汗の出が緩やかに  自律神経のバランスがとれ、汗が収まっていく  
『運動と瞑想を組み合わせることで交感神経と副交感神経が両方作用しバランスのとれたカラダになる』

投稿者:ハッシー