マッサージ中毒からの開放♬長年のお仕事で頑張ったおカラダに感謝の気持ちを♪

―ソフト&ディープティシューテクニックが有効な理由♪―


 

私、橋本博人が持ちますリメディアルセラピーの技術の中の1つに「ソフト&ディープティシュー」というブレンドオイルを使った技術があります。

この説明をする時に効果として、【血流促進】【リンパの流れを良くする】と書きますが。
ここで省略している事柄がありまして、リンパというものには2種類のものがあります。

それは、よく云われるリンパ管の中の【管内リンパ】と普段、聞き慣れない【間質リンパ】というものがあります。


この【間質リンパ】とは? 血管から染み出た 血漿成分のことで、毛細血管から染み出て血液から細胞からリンパ液で満たしています。筋肉が緩むと血管から出てきて細胞の周辺を満たし、縮むと9割が血管、1割がリンパ管へ。 やけどをした時の体液のようなものです。間質リンパは 細胞に酸素と栄養素を運び  老廃物を血管や リンパ管に運びます。
 
 
いわゆる圧式の管内リンパに沿った手法では、細かなところ、末端神経 毛細血管 細胞の隅々までは均一に行き届きません。 その点オイルティシューであれば、細かなところまで行き届くので効果が見込める由縁でもあります。
 
massage_soft  
 
 
 
 
間質液(かんしつえき)とは、多細胞生物の組織において細胞を浸す液体であり、細胞外液のうち血液リンパ管の中を流れるリンパ液を除く体液である。組織液細胞間液細胞間リンパ液とも呼ばれる。血液により運ばれた酸素やタンパク質などの物質は毛細血管壁を介して間質液へと拡散した後、間質液から組織の細胞へと拡散する。 リンパ管内の体液のみをリンパ液と言う場合もあるが 間質液との明瞭な区別はなく 海外では間質液をリンパ液と呼ぶことが多い。 間質液は血管膜を通して膠質浸透圧と 筋などの圧力の変動によって静脈に主に水分と血液ガスが再吸収され タンパク質や老廃物 ウイルスやガン細胞などの異物など 分子量の大きいものは リンパ管に吸収される。 ヒト1人の体内には平均11リットの間質液が含まれ、細胞へ栄養素と酸素を運ぶとともに老廃物や二酸化炭素を運び去っている。 (ウィキペディア参照)    

投稿者:ハッシー